浄水器の機能とその他の選択肢

家庭用の水道水は、人が口にすると有害になるようなものは既に除去されているはずですので安心して飲めます。しかし、集合住宅などでは、高層階の水の供給のために屋上に貯水タンクが設置されている場合も多く、その設備が経年劣化等によって傷んでその段階で有害物質が混じる可能性もあります。もちろん貯水タンクの管理をしっかりしていればそういうことは起こりませんが、健康に気を使う人の場合は何等かの自営手段をとることによって万全を期したいと考える人もいます。その選択肢の一つである家庭用の浄水器は、蛇口のところで一回水道水を引き取って、ろ過等によって有機物や各種のイオン等を取り除くことが役割です。

浄水器の種類によって取り除くことができるものは多少変わってきます。また、新しいマンションのキッチンなどには、蛇口そのものにフィルターが組み込まれており浄水器の機能が入っているものがありますが、やはり浄水器の機能には劣るようです。蛇口部分の小さいスペースに組み込まれたフィルターではろ過の機能に限界があるということです。また、最近では飲み水に非常に気を使う家庭も増えてきたため、もう一つの選択肢としてウォーターサーバーを導入する家も増えてきているようです。

こちらも有効な方法ですが、設備をレンタルする場合はレンタル料が発生しますし、少なくとも水は購入しますのでランニングコストが発生することは覚悟する必要があります。そう考えると浄水器の設置はなかなかいい方法だといえます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.