ウォーターサーバーは解約時の条件も比較するべき

ウォーターサーバーを利用する際には業者間の様々な条件の差を比較して契約先を決めることになりますが、そこで見落としてはならない比較ポイントとなっているのが解約時の条件です。まずウォーターサーバーを解約する際に発生する費用についてですが、これは一円も発生しないとしている業者や一定期間経過後は無料で解約できるとしてる業者、またいつ解約しても常に事務手数料などが発生する業者などがあります。このうち注意が必要なのは「いつ解約しても常に事務手数料などが発生する業者」で、このタイプの業者と契約する際にはその解約時の請求に納得できるかどうか事前に考えておく必要があると言えます。また「一定期間経過後は無料で解約できる」という業者の場合、その一定期間が過ぎるまではかなり高額な手数料が取られることが多いですから、そうした業者と契約する場合にはなるべく長く契約することを前提に考えましょう。

次にチェックが必要なのがウォーターサーバー本体の返送料に関してです。ウォーターサーバーはどのような業者でも本体と水のボトルの二つがあってはじめて使えるものとなりますが、サーバー本体は卓上タイプでもないかぎりそれなりに大きなものになります。返送料がユーザー負担になるとそれだけで数千円かかることもありますから、返送料についてもあらかじめ比較するようにしましょう。もちろんウォーターサーバーの比較において最も重要なのは普段使いの中で問題がないかどうかということなのですが、何十年も同じ業者と契約しているというケースの方が珍しいというのは確かなのですから、あとで困ったことにならないように解約時の条件はかならず事前に確認してください。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.